ぐるぐる子連れ海外旅行

マイルを貯めて、お得に家族旅行を楽しんでいます

子連れでSFC修行①-3 冬の弘前を堪能 アップルパイ&洋館&弘前城

青森と言えば、ねぶた祭りですよね。

じゃあ、ねぶた祭りがない時はどこ行くの?

ってことでインタビューしてみました。

 

f:id:gururiguru:20161219202112p:plain 娘2「アップルパイ食べたい」

さすが食いしん坊。

そして青森を少し勉強してきたか?(ガイドブック渡しているんだけどね。)

そう、青森はりんごで有名なんだよな。

でもな、じいちゃん(ぐるぐる父)は信州のりんご農家出身ぞ。まかりまちがっても青森のりんごが美味しかったとかなんだとか言うでないぞ。

 

f:id:gururiguru:20161219201229p:plain 娘1 「弘前城行きたい」

さすが城ガール。

よいところに目をつけおった。

弘前城は、東北唯一の現存天守。

残るは中国地方に多いけ、高校卒業までの現存天守制覇も夢ではない。

 

f:id:gururiguru:20161219202015p:plain 娘3 「お馬さんみたい」

わしもみたいぞ。そして乗りたいぞよ。

だがのう。冬のさなかではちとむずかしかろう。

また温かい時期に来ようて。

 

そんなわけで弘前に

リムジンバスで青森空港から約1時間、大人1000円、子ども半額で弘前駅まで行きます。途中の路はこんな感じでした。

f:id:gururiguru:20170114220559j:plain

f:id:gururiguru:20170114220617j:plain

あんまり路には雪は積もっていなくて、畑などにうっすら雪がある感じ。

でも、青森空港~弘前駅の間は、本当にリンゴの木が多かったです。

ガードレール

f:id:gururiguru:20170114220800j:plain

f:id:gururiguru:20170114220812j:plain

リンゴ模様なのがかわいい。

弘前駅

弘前駅前は人まばらでした。雪もまばら。

f:id:gururiguru:20170115072033j:plain

f:id:gururiguru:20170115072135j:plain

 ポストかわいい

 バスを降りて駅構内に入ると、すぐ左手に観光案内所があったので、そこで弘前城への行き方を確認し、周遊バス(1回100円)を教えてもらいました。

おひるごはん探し

昼食どこで食べる?となって、ネットで見た「弘前中央食品市場」で海鮮丼とか食べられるらしい~と伺ったものの、、、なんか漬物とかお惣菜みたいなのが売られているだけでした。海鮮丼食べられるのは夏だけなのかな?

f:id:gururiguru:20170115072540j:plain

f:id:gururiguru:20170115072807j:plain

隣の和菓子屋さんにアップルパイが売っていたので、歩き食べ~。美味しかったらしい。

f:id:gururiguru:20170115073011j:plain

結局たまたま見かけたこちらのお店へ入りました。「郷土料理の店 菊富士」

f:id:gururiguru:20170115075316j:plain

けの汁やいがめんちの定食もあって、かなりコスパ高いです。

f:id:gururiguru:20170115075439j:plain

けの汁定食1080円。おかゆ汁って意味で、根菜をぐだぐだになるまで煮込んであります。

f:id:gururiguru:20170115075558j:plain

 いがめんち。イカのメンチでつみれみたいな感じです。焼きと揚げがあるのですが、揚げでいただきました。

f:id:gururiguru:20170115075656j:plain

こちら単品で頼んだホタテとリンゴのかき揚げ。ぐるぐる家はこちらは皆苦手なようでした。(そもそも、酢豚のパイナップルとか、ポテトサラダのリンゴとか嫌いな人は無理だと思います、笑)

弘前の洋館~弘前城

昼食後はお散歩がてら、弘前城方面へ。

青森銀行記念館

f:id:gururiguru:20170115083808j:plain

残念ながら、冬季(12月1日~3月31日)は休館で、中は見学できませんでした。

旧東奥義塾外人教師館

f:id:gururiguru:20170115084231j:plain

入館無料です。早速中に入ってみます。

f:id:gururiguru:20170115084544j:plain

f:id:gururiguru:20170115084607j:plain

中は昔の住居が再現してあります。

そして外にはミニチュア建造物がありますが…。

f:id:gururiguru:20170115084855j:plain

冬季のため、仮設小屋が建てられていました。これはこれで面白いです。(雪のない県では考えられない~笑)

旧弘前市立図書館

f:id:gururiguru:20170115085619j:plain

 入館無料、中も見学可能です。弘前は観光にほとんどお金がかかりませんね。

(1日観光すると、一つ一つの入館料が300円程度でも、5人家族だと結構なお金がかかる事多いので、ありがたいです。)

弘前城

弘前城はお堀が三重にもなっているんですね。

f:id:gururiguru:20170115091737j:plain

一番外側のお堀は凍っていました~

見慣れぬ光景に一番大喜びなのはダンナ。

「娘3が飛び込んでも割れないかな~?」など言いながら、天守に向かいます。

f:id:gururiguru:20170115091926j:plain

道路は歩くのに全く困らない程度でしたが、お堀の中はこの通り、雪がたくさん残っていて、さらに凍っているのでつるつる滑ります。

周りは長靴の人が多くて、おそらく地元の方々。観光客はまばらです。

f:id:gururiguru:20170115092123j:plain

天守が見えてきました。

石垣工事中で、元々の位置でない場所に天守を曳いているのですが、この位置で天守が見れるのはなんか良いですねぇ。

手前の木はしだれ桜なので、桜の季節にはとても映えそうです。

f:id:gururiguru:20170115092418j:plain

なんかミニチュアっぽく写っちゃってますが、本物です笑

中は、冬季期間は見学できず。

f:id:gururiguru:20170115092612j:plain

もと来た道を戻ります。

奥に見えるのは、修復中の石垣です。

藤田記念庭園と大正浪漫喫茶室

f:id:gururiguru:20170115093454j:plain

庭園は入れますが、木々は着物を着ており、お休み中です。

(入館料は冬季期間中はかかりません)

f:id:gururiguru:20170115093643j:plain

大正浪漫喫茶室。

この洋館のなかで、お茶が出来ます。

f:id:gururiguru:20170115093740j:plain

f:id:gururiguru:20170115093921j:plain

お食事もありますが、ここはアップルパイで。

六種類あるのですが、全て注文して、シェアしました。(ほとんど娘達が全部食べちゃいましたが。)上の写真はそのうち人気が高かったふたつです。

f:id:gururiguru:20170115094259j:plain

こんな中でお茶出来るなんて、乙女心くすぐられますね。外の雪景色も良い感じです。

スターバックス弘前公園前店

f:id:gururiguru:20170115093230j:plain

帰り路にあったスターバックスは、有形文化財の建物を使っているそうです。レトロで素敵ですね~

さすがにコーヒーとアップルジュースでお腹たぽたぽだったため、中には入りませんでした。

そしてまた周遊バスに乗って、弘前駅へ。

弘前駅

f:id:gururiguru:20170115094522j:plain

顔出し看板はとりあえずやらないといけませんね。ぐるぐる家の家訓です。

f:id:gururiguru:20170115094628j:plain

手動ドアだー!って写真撮ってたら、娘3に「うちの最寄りの○○線も手動だよっ!!」と突っ込まれる…

ごめんかーちゃん電車乗らないから知らなかったよ。

その後在来線で、ホテルのある青森まで行きました。

弘前駅に着いたのが11時45分、出発が16時半だったので、正味5時間で大変満足の弘前市内観光でした。

そんなわけで

青森空港から伊丹へはANAは一日三便出ています。

青森空港から1時間で到着する弘前は、宿泊せずとも1日で堪能できると思います。ただし、PPはほとんどたまりませんので(プレミアムクラスがありません。)ご注意を。

冬は、大雪で欠航のリスクは高まりますし、休館している施設も多いですが、観光客が多くなく、ゆっくり観光出来るのは良いかな~と思います。

おすすめ記事

子連れでSFC修行①-1 青森の航空券予約

子連れでSFC修行①-2 青森への短いけどつらかった路

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ